MONA COIN :日本発の暗号通貨

モナーコイン(MONA)とは

モナーコイン(MONA)は2013年12月に誕生した日本初の暗号通貨です。

有名なアスキーアート、「モナー」をモチーフにしており、初見では暗号通貨ではなく誰かが笑いを取るために作ったおもちゃに見えてしまいます。

しかしライトコインをベースにした、管理者のいないP2P通信ネットワークで管理されるれっきとした暗号通貨の一種です。

モナーコイン(MONA)が取引できる取引所

モナーコイン(MONA)は日本発の暗号通貨ということで珍しく海外よりも日本のほうで取扱が多いです。海外取引所でも取り扱っていますが、日本でもZaifが初期の頃から取り扱っています。

その後、BitTradeでも取り扱われ、つい最近では仮想通貨取引所の中でも資本力が強いbitFlyerでも取扱が始まっています。

どこで取引しても同じと思われがちですが、各取引所ではスプレッドが大きく違います。

板が見れて透明なzaifとビットトレード

おすすめは板が見れるzaifとビットトレードになります。どちらもMONAの取引板が見れて売り買いの透明性があります。モナーコイン(MONA)自体は流動性が悪く、板の注文などあっという間に吹っ飛んでしまいますが、見れないよりはずっと良いです。

それぞれの特徴としてはZaifのほうは、コメントがリアルタイムに見れるため、同じトレーダーの急騰における歓喜の声や、暴落による絶望と阿鼻叫喚の声々を見ることができます。リンクも貼れるので役立つサイトなども教えてもらえます。反面、スパムを入れてくる人もいるので困りものです。

ビットトレードはチャートをカスタマイズできて、テクニカルも表示できるのでより玄人向きのトレードシステムになっています。純粋にトレードに打ち込みたい人の向いていますね。

 

ビットトレード
>> ビットトレードの公式サイトで確認してみる <<


>> ZAIFの公式サイトで確認してみる <<

スプレッドが広すぎるbitFlyer

前者の2つに対してスプレッドが広くてお薦めしにくいのはbitFlerです。

こちらはビットコイン取引に特化している取引所のため、アルトコインの取扱も始まっていますが、どれもこれもスプレッドが広くてかなり不利なレートになっています。

モナーコイン(MONA)が暴騰しているときでは、スプレッドがひどいので買い価格が実際の値段よりも高くなっていることを皮肉って 『BFではいくらになった』、『BFでは500』、『BFで1000いく』 などと揶揄されています。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!