ZAIFの口座開設方法(アカウント作成手順)

日本の仮想通貨取引所Zaifについて

Zaifは国産のビットコイン・モナーコイン取引所の老舗etwingsを買収したテックビューロ・ラボが運営する仮想通貨取引所です。このテックビューロはホリエモンこと堀江貴文氏が以前、技術アドバイザーを務めたこともあり、話題になりました。

このテックビューロはブロックチェーンプラットフォームを開発し、支払いシステムを確立するなど技術力が高くセキュリティも信頼されています。ビットコイン以外に日本人が開発チームにいたことで有名になったNEMという通貨やMONACOINなどのマイナーな仮想通貨も取引できるところです。

他にも日本初の大規模ICOでCOMSAトークンを公開する際の主催をするなど、ICOの面では一番目立っています。

仮想通貨を買う以外にも、ビットコインの積立購入ができたりするなど制度も揃っています。coincheckにアルトコインの取扱数こそ上回れていますが、Zaifは海外や国内のマイナーなトークンの取扱が多く、トークンの取扱数に至っては日本一を誇ります。

特にZaifトークンなどは文字通り、zaifが発行しているオリジナルトークンですね。これでCOMSAのICOのときにzaifトークンで購入できたりして話題となりました。

 

ZAIFの口座開設方法(アカウント作成手順)

他のビットコイン取引所の例にもれず、ここもユーザー登録・口座開設はとてもかんたんです。まずはZaifの公式サイトの「無料登録」ボタンを押して進みます。

ZAIFのURL:https://zaif.jp/

メールアドレスを入力します。

ロボットではない認証をして「登録」ボタンを押します。

登録メールアドレスに下記のような確認URLが記載されたメールが届きますので、このURLをクリックします。

するとZaifのホームページにとんで、認証が完了します。

これで口座開設は終了です。カンタンです!

 

入金や取引をするために本人確認をする必要

やはりZaifも他の仮想通貨取引所と同じく本人確認をしておかないと取引や入金ができず、仮想通貨の値動きを見ることくらいしかできません。

ログインすると一番最初に「本人確認が完了していない」メッセージが出ています。

それをクリックして本人確認作業を進めます。

ユーザー情報を入力します。

個人か法人か、氏名、住所、TELなどを入力します。

次に銀行情報を入力します。

 

電話番号のSMSの認証にはメール配信設定に注意

電話番号認証を行います。最初に入力したTEL宛にSMSのショットメッセージが送られます。

そのメッセージに記載されている6桁の暗証番号を入力します。

ここでSMSが届かない場合はサポートページを参照しましょう。主に海外のメッセージを受け取らない設定にしているとSMSが届かない可能性があります。

海外からの電話番号メールを受信拒否されている方は国内でもSMSがご利用いただけない場合がございますので、迷惑メール設定をご確認いただき、海外からの電話番号メールを受け取れるように設定してください。

《SoftBank》
http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/fromoversea/

《au》
http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/sms-spam/

《docomo》
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/

引用:https://corp.zaif.jp/faq/

ここで私のスマホはSMSを受信してくれませんでした。これだからSMSは安定しないんです。

プロパイダはsoftbankだったので、Mysoftbankから海外のメールを受け取る設定をして1日待ちました。

するとやっとSMSが届きました。それぞれの設定の差はありますが、私の場合は海外からの受取を設定しないとSMSは来ないですね。

本人確認書類を提出してハガキを受けとる

あとは本人確認書類を提出して本人確認を終了させます。

Zaifが指定している本人確認書類は以下のとおりです。

以下のいずれかの書類1点
● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
● 住基ネットカード (顔写真付きのもの)

日本国パスポートもしくはビザの場合は、以下の組み合わせで計2点
● 日本国パスポートもしくはビザ + 公的証明書(保険証、住民票、顔写真なし住基ネットカード)もしくはお名前と住所記載の書類(公共料金、携帯電話、固定電話の請求書)のどちらか

顔写真なしの場合は、以下の組み合わせで計2点
● 公的証明書(保険証、住民票、顔写真なし住基ネットカード)+ お名前と住所記載の書類(公共料金、携帯電話、固定電話の請求書)

上記の書類をアップロードすれば提出完了となりますが、ここで本人確認を申請するというボタンを押しておかないと認証が進まないので注意しましょう。

申請が完了すれば1営業日くらいで認証が完了します。

完了すればビットコインを預けて利殖を得ることや、5万円以上の入出金、入金認証が早くなる利点などを受けられます。

 

最終的な本人確認が終了するとその通知がメールできます。

 

 

【最後に確認ハガキをうけとってコードを入力する】

bitFlyercoincheckなどは通知ハガキが配送されて、それの受取確認が終了すると完了になります。Zaifも同じようにハガキが郵送されて、この通知の中に記載されている本人確認コードを入力すればやっと確認が完了です。

 

 

 

認証完了すれば、取引可能になります!

 
>> ZAIFの公式サイトへ <<

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!