日本一簡単coincheckのアカウント作成手順

第2のビットコイン候補がたくさんあるCoincheck

ビットコインはキプロス預金封鎖時には、資産の逃避先としてもビットコインは有効性が確認されました。投資対象としても、また資産逃避先としても大きな価値を秘めています。そんなビットコインに続けといろんな種類の仮想通貨が出てきています。ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」もしくは「オルトコイン」と呼びます。

このアルトコインのすごいところはビットコイン以上に値上がり率が高いところにあります。ビットコイン自体もできあがった当時の2009年頃は値がつかないほどで1BTC=数円ともいえる程度でしたが、今や1BTC=数十万円という価値になっています。倍率にすると実に数万倍となっており、歴史上でも例のないほどの値上がり率を誇っています。

ビットコイン自体は値上がりしてしまいましたが、仮想通貨は数多くの種類があります。その中で「ビットコインのようにこれから大きく値上がりするかも」という見方で第2のビットコインを皆探し始めました。そしてそういった値上がりの可能性が高いで第2のビットコインの候補をたくさん取り扱っているのがcoincheckです。

このcoincheckはビットコイン(bitcoin)やイーサリアムだけでなく、リップル(ripple)やモネロ(Monero)、Factom(ファクトム)、Augur(オーガ)など、かなりの仮想通貨を取り扱っています。この点はビットコインとイーサリアムしか取引できないbitFlyerとは大きな違いですね。扱っている仮想通貨はどれも時価総額が大きなもののため、ボラティリティも比較的安定していて、初心者でも取引し易いものが多いです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
>> coincheckのアカウント作成はここをクリック <<

 

coincheckの実際の口座開設手順

coincheckの口座開設は、”日本で一番かんたんにビットコインが買えるトコロ” がキャッチフレーズなだけあって、口座開設方法も非常に簡単です。ぶっちゃけて言って、口座開設だけなら「メールアドレス」、「フェイスブック(Facebook)」で、すぐに登録ができます。この状態では制限がかかり、ビットコインの取引などは5万円までになり、それ以上の日本円の入出金になると本人確認が必要となります。

まずはcoincheckのホームページで「アカウント作成」をします。この時、メールアドレスとパスワードを予め入力した状態で、下の「アカウント作成」をクリックします。

すると登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

この確認リンクをクリックすると、ログイン状態の先に進めます。

 

はい。これで終了です。

 

え?マジ?と思うかもしれませんが、本当にこれだけでログインは完了してしまうんです。無茶苦茶かんたんです。

確認メールのURLからサイトに飛んだときにはすでにログイン状態になっています。

改めてメールアドレスやパスワードを入力する手間も省けます。

ただしこの状態では取引に制限がかかってしまいます。それを解除するにはSMSの認証、電話番号の登録、本人確認書類による本人確認完了が必要になってきます。

 

取引制限解除のためのSMSや本人確認の手続き

「電話番号認証」をしてみます。ウォレット画面のTOPに電話番号認証画面が出ていますのでそれに従って入力します。「電話番号」の欄を記載して、「SMSを送信する」をクリックします。  その後「認証コード」がSMSで送られてくるため、その番号をサイト上に入力して、「認証する」のボタンを押します。  これで電話番号認証は完了です。非常にかんたんです。

認証ができれば、「電話番号認証済み」のメッセージが出ます。

同時に本人確認もしておきましょう。

取引所のTOPには本人確認書類の提出願いがメッセージとして表示されており、取引に上限がかかっていることが明示されています。この緑のボタンの「本人確認書類を提出する」を押して進みます。

本人確認の情報入力画面が出てきたら「名前」「性別」「住所」等を記載します。もちろん身分証明書と同じ情報(名前、住所等)を入力しなければなりません。違っていたらその証明ができませんからね。

使える本人確認書類は以下のとおりです。運転免許証が一般的でいいですね。

個人の方はいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)
(1)旅券(パスポート)
(2)在留カード
(3)特別永住者証明書
(4)外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)
(5)運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)
(6)官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)

面倒なのはIDセルフィーという項目があります。これは提出する本人確認書類を実際に本人が所有していることを証明する画像として、書類を実際に所持している状態の本人の写真が必要になってきます。

こんな画像を持っている人は少ないですから自分で用意しなければなりません。PCにカメラがついていれば「カメラを起動」ボタンで動かせますが、ない場合は自分で撮らなければなりません。携帯電話やスマホ、タブレットのカメラなどで自撮りをしましょう。

正直、「俺、なにやってんだろ?」と思いたくなりますが、ここは何も考えずに画像を撮っておきましょう。一度やればそれで終わりますから。

各書類を用意できたら「ファイルを選択する」ボタンからローカルにある画像ファイルを選択してアップロードすれば完了です。

 

すべての情報入力が完了すると、あちらで本人確認が行われます。

そして完了したら、書類にある住所に実際にはがきが送られます。

それを受取したことで、本人確認が終わりますので、くれぐれも住所は間違えないようしましょう。

実際の利用は本人確認を終えてから始めよう

登録については「メールアドレス」だけで登録ができますので、登録だけしておいてあとで本人確認をすればよいかもしれません。しかし確認手続きをしていないとサービスの閲覧とアフィリエイトしかできません。入金、売買、送金、受取などは確認が必要ですので、実際に利用するのであれば「本人確認」までは終わって取引することがオススメです。 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!