bitFlyerでビットコインを買うところは3つある

bitFlyerでビットコインを買うには3つの方法がある

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引所ですからビットコインを購入することができます。ただビットコインを買うといっても、bitFlyerには3つの方法が用意されています。bitFlyerにはビットコイン販売所、ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningの3つの購入場所が用意されています。似たような名前でとても紛らわしいのですが、買う相手が全然異なります。

「ビットコイン販売所」:これはビットコインの取引相手がBitFlyerになります。bitFlyerが提示した価格で、bitFlyerが所持するビットコインを購入することになります。非常にわかりやすいレイアウトで、初めて買うにはいいかもしれませんがスプレッドがかなり広くなっており、不利な価格での売買になることが多いです。また注文は成り行きしかできません。

ビットコイン取引所:こちらはビットコインの取引相手はbitFlyerではなくビットコイン市場となります。取引相手は市場に参加している他のビットコインユーザーであり、価格は需給で決まっていくため公平性が高い買い方でもあります。こちらは成り行きでだけでなく、「指値注文」 も可能です。

BitFlyer Lighting: こちらのBitFlyer Lighting はbitFlyerがプロ向け取引所と指していることもあって、非常に高機能な取引ツールでのビットコインの売買ができるようになっています。ビットコインだけでなく、FX 取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所です。現物取引では日本円でビットコインを買うこともできれば、持っているビットコインを売って、円に替えることもできます。FX では、5 倍のレバレッジを効かせ、値上がり値下がり双方で利益を狙うことができるビットコインというよりは、もう完全な取引ツールになっています。ただ注意しなければならないのが、取引数量が0.01単位ではなく、その10倍の0.1単位となっています。取引単位が大きな取引所となっていますので、ある程度の取引数量が必要な場合にのみ使ったほうがいいでしょう。

ビットコイン販売所と bitFlyer Lightning の違い
ビットコイン販売所 bitFlyer Lightning
ビットコインの販売・買取 営業内容 ビットコイン・BTC-FX・イーサ売買注文のマッチング
bitFlyer の提示価格 価格 お客様同士の需給
しばらく無料 手数料 しばらく無料(アルトコインは除く)
bitFlyer 取引の相手 他のお客様
なし レバレッジ 5 倍(bitFlyer FX)

 

bitFlyerのビットコイン販売所でビットコインを買ってみる

ビットコインの購入のやり方は簡単です。まずはbitFlyerが取引相手であるビットコイン販売所でビットコインを買ってみます。bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページから登録メールアドレスと初回パスワードを入力してマイアカウントにログインします。自分のページのTOPから、左メニューの「販売所」を選びます。

ビットコイン販売所では左に注文履歴があり、右にビットコインの購入価格と売却価格が提示されています。基本はこのレートで売買をすることになります。右下の項目にビットコインの購入数量を入力して 「コインを買う」 を入力するだけです。ビットコインは1単位の価格がかなり上がっていますが、bitFlyerでは0.01単位での売買ができます。

ビットコインを注文すると注文確認画面がでます。6秒以内に 「注文実行」 を押して初めて注文が完了します。これをしないと注文はキャンセルされます。

基本はこれだけです。無事に購入ができて残高に反映されています。無茶苦茶簡単です。

 

h3の内容がここに入ります

ビットコイン取引所ではbitFlyerではなくビットコイン市場のビットコインユーザーが取引相手です。bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページから登録メールアドレスと初回パスワードを入力してマイアカウントにログインします。自分のページのTOPから、左メニューの「ビットコイン取引所」を選びます。

ビットコイン取引所では販売所とは違い、リアルタイムでのビットコイン市場の取引成立履歴とビットコインの価格が表示されています。どんどん取引が成立して価格が変動していくので販売所のように一定価格が提示されていることはありません。ビットコイン取引所では価格を指値方式で入力します。右下の入力項目に 「数量」 と 「価格」 を指定することになります。数量は販売所と同じく0.01刻みで指定することができます。

指値方式では現在の価格よりも下の価格を入力すると 「指値注文」 として受理されます。指値注文とは現在価格よりも下の価格に買い注文を置くことで、その価格までビットコインが下がってきたときに注文が作動されるものです。これは指値価格までビットコインが下がってこなかった場合注文が作動されないことになるため、ビットコインの購入を第一に考えているのであれば現在価格よりも高い価格で注文しましょう。現在価格よりも高い価格で注文をすれば成り行き扱いになります。

指値注文をしてみます。この時のビットコインの価格は105,300ほどですので、それよりも低い103,000円で指値注文をいれます。ビットコイン販売所と同じく、注文実行前には確認画面が出ます。

注文が確定すれば注文履歴が残ります。キャンセルしたい場合は、キャンセル欄の赤い☒マークを押せばすぐにキャンセルされます。

BitFlyer Lightingは取引単位が大きい

BitFlyer Lighting はbitFlyerがプロ向け取引所と指していることもあって。ビットコインだけでなく、FX 取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所というよりは取引ツールです。ビットコイン取引所と同じように指値での注文が可能です。ただ注意しなければならないのが、取引数量が0.01単位ではなく、その10倍の0.1単位となっています。取引単位が大きな取引所となっていますので、ある程度の取引数量が必要な場合にのみ使ったほうがいいでしょう。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!