SmartOptionへの口座開設のやり方、たった数分で終わる

なぜ躊躇したんだって思うぐらい簡単な作業

海外バイナリーオプションは初めて、という方は多いでしょう。というかそういう方がほぼ全てですね。私もそうでした。最初は海外バイナリーオプション業者に口座開設するのはとても躊躇するものです。私も1週間悩みました。でもやっぱり一歩進むことが大切です。ハッキリ言いますが、海外バイナリーオプション業者の口座開設は凄まじく簡単すぎます。躊躇していたのは一体なんだったんだ?何を悩んでいたんだ?って思うぐらいです。もちろん海外バイナリーオプション業者をまだ信用できないという人もいるでしょうし、投資資金のように失ってもいいや・・・ってぐらいの少額資金でお試しスタートって気持ちが一番いいと思います。

それではまず海外バイナリーオプション業者のSmartOptionに口座開設をしてみましょう。なぜSmartOptionかというと、ここは日本を専門に扱っているバイナリーオプション業者だからです。わざわざ日本語専用サイトを日本のjpドメインで取得して、日本人スタッフや日本人コールセンターなどを作っています。他の海外バイナリーオプション業者は見てみるとわかりますが、スペイン語、英語、中国語、そして日本語って感じで多国対応しており、日本は ”ついでに進出した国の1つ” に過ぎないのです。こういったところは日本での営業が上手く行かなければさっさと去っていくでしょう。しかしSmartOptionは日本だけですので、積極的に展開しているのです。

【SmartOptionの特徴】
・ 日本語専業業者
・ 口座開設がスマート
・ 最低投資額が500円の格安
・ ダブルアップ、ロールオーバー搭載
・ 入金ボーナスが非常に豪華

SmartOptionへの口座開設手順

ではSmartOptionの口座開設の流れを追って行きましょう。まずは (http://www.smartoption.jp) のURLにアクセスしてホームページへ行きます。この上のタブの中にある口座開設タブをクリックします。すると、OpenAccountページになり、必要事項を入力する画面となるのです。入力が必要な情報は、氏名とメールアドレスと国名、電話番号です。SmartOption以外のところでは確認電話がかかってくることがありますが、今のところSmartOptionでは電話確認はありませんでした。もちろん氏名やメールアドレスは後で必要な情報なので、偽名などを入力しては先へすすめません。

すべての項目を入力したら 「送信」 ボタンを押しましょう。
すると下のような画面が出てきます。登録完了です。これで終了です!
え!?これだけ・・・って思うでしょう。
実は登録作業はこれで終わりなのです。

このあと先ほど入力したメールアドレスに登録完了メールが届いているはずです。
自動返信メールなのですぐに届きます。
もし時間が経っても届いてない場合はメールアドレスの登録ミスかもしれませんので問い合わせましょう。

最後にクレジットカードで入金作業

最後に入金作業になります。先ほどの作業は登録作業になり、登録しただけなのです。ここで入金して初めて取引が可能になります。入金は主にクレジットカードが迅速でよいです。銀行送金もできるといえばできますが、時間がかかってしまう上に手数料もかかり、かつ最低限度額などが決められていたりするので利便性はよくありません。クレジットカードを利用したほうがよいです。例えば比較的ラクに使えて、限度額が小さく設定されている 「楽天カード」 などが使い勝手がよいです。

加えて楽天カードなどのクレジットカードで入金するのにはメリットがあります。どのクレジットカードも利用金額の0.5~2.0%ぐらいをポイントキャッシュバックしています。顧客を引き止めるためですね。そのため楽天カードなどで入金すると入金額の1%がポイントになるのです。5万円なら500楽天ポイントですね。さらに楽天カードはポイントダブルアップキャンペーンなどがあり、指定日にはポイントが倍になることもあるので、上手く使えば入金するだけでポイントがたまっていきます

クレジットカードの入金作業となると日本ではあまりそういうことがないので躊躇しがちかもしれません。しかし世界を見渡してみれば、日本以上にクレジットカードが浸透しており、新興国の中国ですらクレジットカード天国となっています。お金は無くすとそこで終わりだから持たない、でもクレジットカードなら無くしても保証があるから安心だ・・・って考え方が浸透しています。実際クレジットカードのセキュリティは非常にしっかりしており、不正利用などは本人が暗証番号などをそこらに書き置きしておいた・・・という過失以外はあまりありません。あなたのカードも不正利用されたことってありますか?ちなみにSmartoptionはJCBに対応していますが、他の業者ではJCBに対応していないこともあるので、できれば世界ブランドのVISAブランドを選んでおくといいでしょう。

ちなみにSmartOptionの入金名義はChargeXPになっています。これはSmartOptionはプラットフォームや入金のマネジメント会社であり、実際の資金管理はChargeXPがやっているのです。このChargeXPはイスラエルにある、バイナリーオプションの資金管理としては世界トップクラスのグローバル企業です。バイナリーオプション自体がまだまだ浸透していない日本ではあまり耳にしない企業名なのは仕方ありません。もちろん絶対安全とは断言できませんが、年々需要が伸びていて成長産業であるバイナリーオプション業界の勝ち組企業であることを考えれば、リスクは低いのではと判断できます。それでも不安な方は、あまり資金を預けなければいいだけの話です。

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!