バイナリーオプションは期限が決められてるため利食い損切りは必要ない

各コンテンツのショートカット

満期時刻にすべてが確定するため途中決済なし

満期時刻にすべてが確定するため途中決済なし

オプションというのは予め期限が決められており、その期限ないに設定された条件を満たすか満たさないかという判断で売買されるものなのです。期限が決められてないのはオプションには存在しないといってもいいでしょう。よってオプションは開始時刻から始まり、満期時刻にはすべてのポジションが決済されます。それまでは途中で決済することもできませんので、買ってしまったらほとんど満期時刻までできることはないのです。逆に言えば何もしなくてもよいので、これを 「なにもできないなんてウズウズする!」 と見るか、「時間までなにもしないなんて楽だな!」 と思うかはそれぞれの人次第です。そして満期時刻になって、買ったオプションが条件を満たしていればインザマネー:利益を得て、条件を満たしてなかった場合はアウトオブザマネーとなり、損失確定となります。これは完全な確定となるため、このあとに途中利食いだ途中損切りだと悩む必要はありません。というよりできませんと言ったほうが正しいですが。

ちなみに日本の業者ではありませんが、海外のバイナリーオプション業者では取引しているオプションポジションを途中で決済することができます。もちろん満期時刻より前の決済のため、利益は満期よりも非常に低くなってしまいます。例えばペイアウト率が85%のハイローオプションのハイを持っていた場合、ハイの状況なら利益率10~30%ぐらい、ローの場合は損失率10~30%ぐらいです。ようは満期時刻の前に決済するので、利益も損も満期より低くなっているってことです。正直途中利食いはあまり利益にならないので、「これはヤバイ」 と思ったときに逃げることができるぐらいにしか使えないでしょう。

開始時間と満期時間の価格が高いか低いかだけ

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!