高収率オプションは条件が厳しくなる代わりにハイリターンになる

高収率オプションは普通よりハイリターン

バイナリーオプションにはいくつか種類があります。日本業者では単純化されたものしかありませんが、海外の業者ではいくつもの種類があります。特に 「高収率オプション」 は有効利用ができます。例えばOptionFairという業者にはハイローオプション、ワンタッチオプション、境界オプションそれぞれに通常オプションと高収率オプションがそれぞれ用意されています。普通のものと高収率オプションではこのオプションは通常のものより条件がきびしくなっていますが、それに見合った高いリターンを提供してくれるオプションの上位版といったものです。リターン率を比較すると通常のオプションのリターンは70~80%になりますが、高収率オプションは200~350%という数倍のリターンになっています。この通常の数倍のリターンこそが、高収率オプションの魅力です。

【普通のオプション:リターンは70~80%】
オプション対応銘柄

【高収率のオプション:リターンは200~350%】
高収率オプションがある

高収率オプションと普通のとの条件の違い

ただし高収率オプションは無条件でリターンが高くなるわけではありません。いくつかの制約があり、普通のオプションよりも条件が厳しくなっているのです。逆にいえば制約が多いからこそハイリターンのオプションなのです。まずターゲット値が通常より遠くなっています。OptionFairを例にとってみましょう。OptionFairでの普通のワンタッチオプションは5~10pipsのターゲットですが、高収率オプションだと10~30pipsになっています。また締め切りも通常が3~4分前と比較して7~8分前です。途中の権利放棄もできません。普通のオプションでは締切前の途中決済ができます。ワンタッチオプションではノータッチを選択できず、確率の低いタッチしか選択できません。境界オプションではレンジが広く取られ、確率の低いレンジ外(アウト)しか選べません。このように条件面が普通より厳しくなっているのが高収率オプションの特徴なのです。条件が厳しいので扱いは難しいですが、ドル円やユーロドルが大きく動いたここぞという相場の動きの時に狙えば大きな利益を出せるでしょう。

通常と高収率オプションの比較
  通常オプション 高収率オプション
リターン率 70~80% 200~350%
ターゲット値まで 5~10pips 10~30pips
締切時間 3~4分前 7~8分前
途中決済 ×
ノータッチ ×
境界イン ×

高収益オプションができるバイナリーオプション業者は

「高収率オプション」 は基本的に日本業者にはありません。主に海外バイナリーオプション業者に用意されています。おそらく日本の投資家が、自分の損を業者のせいにして金融庁に報告して、それを間に受けてレバレッジ規制なんてしてるような低レベルの状況では、日本業者が高収益オプションを導入するのは難しいと考えられます。

海外バイナリーオプション業者は、例えばOptionFairという業者にはハイローオプション、ワンタッチオプション、境界オプションそれぞれに通常オプションと高収率オプションがそれぞれ用意されています。他にも24optionなどにも用意されています。リターン率を比較すると通常のオプションのリターンは70~80%になりますが、高収率オプションは200~350%という数倍のリターンになっています。各々の業者はターゲット値、満期時刻、締切時刻、途中決済の有無、ノータッチや境界インがあるかどうかはちょっとずつ違うようです。

当サイトはOptionFair様とタイアップして特別ボーナスが増額されていますJapan promo jan
>> OptionFairは数分で口座開設完了 <<

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!