ロールオーバーとは決済期限を先延ばしするバイナリーオプションの機能

各コンテンツのショートカット

ロールオーバーとは決済期限を先延ばしすること

ロールオーバーとは決済期限を先延ばしすること

(バイナリーオプションでの)ロールオーバーとは決済期限を繰り延べてポジションをそのまま持ち越すことです。先物や為替:FXでもやっているものですね。ロールオーバーすることにより、負けそうなオプションの決済期限(満期時間)を先延ばしすることができます。例えば00:15に決済期限のEURUSDのバイナリーオプションがあった場合、ロールオーバーすることで期限を一旦先延ばしして00:30にしたりできます。

実は外国為替保証金取引:FXでは、このロールオーバーは毎日行われています。FXで日をまたぐポジションはスワップ金利が入りますね。これもロールオーバー処理です。そもそもFXも先物取引のため、ポジションは2日しか持てません。2日以上経った場合はロールオーバーの時刻に処理行われ、既存のポジションが決済されて、また同一ポジションが新規建されて持ち越しができるのです。海外のFX業者を使ったことがある人ならば、ロールオーバーの時間になるとポジションのレートがスワップ金利分ズレるということを体験しているはずなので、ポジションがロールオーバーで新規にたてられたことを理解できるでしょう。

ちなみにバイナリーオプションでのロールオーバーですが、大概1回だけしかやることはできません。それはそうですよね、無制限に決済時刻が伸ばせるのであれば勝てるレートになるまで無限に先送りしていけばいつかは勝ててしまうのですから。そんなわけでバイナリーオプションの決済期限を伸ばせるロールオーバーは1回限りです。なお、決済期限(満期時刻)の何分前にやらなければいけないという制約もあります。あまり有利に利用するのは難しいでしょう。

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!