海外バイナリーオプション業者の入金や出金はクレジットカード万能

海外バイナリーオプションには複数の方法がある

海外バイナリーオプション業者はその多くがグローバルな企業であるために、多様な国家や、多様な顧客の入出金に対応できるように、様々な入出金の方法があります。銀行だけしか対応していない日本の業者と比較すると雲泥の差です。基本的には入金はクレジットカードで行うことになります。クレジットカードの入金などは日本の業者では対応していないためにちょっと抵抗があるかもしれませんが、セキュリティが世界トップクラスのカード会社とすぐ国民を裏切る銀行とどっちを信用できるかを考えれば、それほど差があるようには感じないはずです。

またどうしてもクレジットカードの入出金が嫌だとか、なんらかの事情でカードが使えない人に対して銀行送金ができるようになってもいます。この銀行送金もほとんどの海外バイナリーオプション業者で対応しています。ただし、通貨がJPYではなかったり、両替が必要になったり、時間がかかったり、反映が遅かったり、手数料が高かったりするのでデメリットばかりの方法です。あまりお薦めはできないと行っていいでしょう。他には電子マネーも幅広く対応しています。マネーブッカーやネッテラー、ウエスタンユニオン、など日本にいると来いたことがないようなところばかりですが、どれもグローバルに展開している国際電子マネー業者です。

入出金に対しての注意事項など

【入金の最小額や最大額の設定】
だいたいのところは1度の最高入金額はクレジットカードと電子マネーは50万円、銀行は無制限です
基本となる計算はUSD換算で行われるため、ドル円次第で金額が変動します
※円高によって日本円相当額は変化

【クレカによって取り扱い通貨が違う】
クレジットカードのブランドによって取り扱いできる通貨が違います。例えばJCBは日本円だけです。VISA、MasterはJPYとUSD両方対応です。そしてアメックスはUSDのみの対応になっています。まぁ国内のクレジットカードなら、大抵はJCBかVISAのため日本円の取り扱いにはそうは困らないでしょうが、アメックスや海外カードを利用する際は注意しましょう。

【電信送金は敷居が高い】
SmartOptionは電信送金にも対応していますが、いろいろと制約が多くて敷居が高くなっています。まず最低入金額がなんと50,000円、500USDと高めに設定されています。円高だともう少し低くなるでしょうが高いです。さらに送金手数料として別途2,500円がかかります。しかも送金が口座に反映されるまで5営業日はかかってしまい、一週間はみておかないといけません。制約や時間、手間を考えても電信送金はあまりオススメできません。

入金をクレジットカードでするとお得な理由

実は楽天カードなどのクレジットカードで入金するのにはメリットがあります。知っている人もいますが、どのクレジットカードも利用金額の0.5~2.0%ぐらいをポイントキャッシュバックしています。顧客を引き止めるためですね。そのため楽天カードなどで入金すると入金額の1%がポイントになるのです。5万円なら500楽天ポイントですね。さらに楽天カードはポイントダブルアップキャンペーンなどがあり、指定日にはポイントが倍になることもあるので、上手く使えば入金するだけでポイントがたまっていきます。一方銀行送金では入金してもポイントがつくことはありません。逆に手数料を取られます。時間の面でも、コストの面でも、クレジットカードが万能なのです。ただし出金の時にはキャンセル扱いになるので注意しましょう。


>> 楽天カードの申し込みはコチラ <<

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!