海外バイナリーオプション業者 OptionFair

OptionFairのサービス内容

【グローバルバイナリーオプション業者】
OptionFairはミカホールディングスが商標を所有し、英国ヴァージン諸島に本社を置くグローバルな金融取引専門会社です。日本ではバイナリーオプションを中心に提供しています。様々な国々に進出しており、現在12カ国、英語を中心にイタリア語、フランス語、スペイン語、アラビア語などに対応しており、もちろん日本語にも対応しています。バイナリーオプション業者は最近アジア市場に非常に興味を示しており、中でも市場が未開拓な日本は非常に有望視しているようです。そのため一時期の日本の業者のようなボーナス(後述)もかなり豪華になっています。

【3種のバイナリーオプションがある】
OptionFairで取引できるバイナリーオプションは3種類あります。FXプライム byGMOやGMOクリック証券などでもお馴染みの、高いか安いかだけで判断する高/低(ハイロー)オプション。それと、一度でもその価格にタッチできればいいだけでとてもやりやすいワンタッチオプション。そしてレンジの中に収まるか、外にはみ出すかで判断する境界オプションの3つがあります。

3種のバイナリーオプション

【オプションの判定時間は15分刻み】
3種類のオプションはほぼ15分刻みで取引が開始されます。00分、15分、30分、45分といった感じです。高/低(ハイロー)オプションは現在の価格と有効期限(00分、15分、30分、45分)での価格を比較して高いか低いかを判断します。ワンタッチオプションは購入直後から有効期限(00分、15分、30分、45分)の間に指定価格にタッチするかしないかで判断します。境界オプションも有効期限(00分、15分、30分、45分)での価格が、レンジ内に収まるか外に出るかで判断します。それぞれ15分間のうち、最初の10分間まで購入することができ、最後の5分間は購入できません。

オプションの判定時間は15分刻み

【オプション対応銘柄は多い】
OptionFairで取引できるバイナリーオプションの対象銘柄はFXの為替水準だけではありません。為替レートの他にも原油などのコモディティ指数やフランス株価、イギリス株価、ダウ平均、GoogleやAppleなどの一部有力銘柄などがオプションの対象となっています。特に株価や株価指数などは一度大きな動きになると、そのまま一日中トレンドが継続しますので非常に狙いやすい対象です。ちなみに 「Indices」 は株価指数、「Forex」 は為替、「stock」 は株式銘柄、「Commodities」 は商品指数です。

オプション対応銘柄

【最大85%の収益リターン】
OptionFairはバイナリーオプションはイン・ザ・マネーで有効期限を迎えたときに、投資金額の75~85%のリターンを受け取ることができます。非常に高いリターン率です。しかもバイナリーオプションは制度上、最大損失と最大利益が予め決まっていますから、予定外の損害はありません。無論、低リスク高リターンのオプションがイン・ザ・マネーになるのは低い確率であることが多いですが、場合によっては高い確率で勝てる場合もありますので使い方・タイミングによっては非常に高い収益を挙げることができるわけです。

【リターン率が高い高収率オプションがある】
OptionFairには3種類のオプションそれぞれに高収率オプションが用意されています。このオプションは通常のものより条件がきびしくなっていますが、それに見合った高いリターンを提供してくれるオプションの上位版といったものです。比較すると通常のオプションのリターンは70~80%になりますが、高収率オプションは200~350%という数倍のリターンになっています。

高収率オプションがある

【途中権利放棄も可能】
オプションには有効期限があり、その期限に到達すればオプションが有効か無効かがハッキリします。しかし有効期限内でもオプション価値は変動しており、途中で権利放棄をして損益を確定することも可能です。これはやばい!と思ったら途中で損切りしたり、期限まで待てない!思ったら利益確定するのも1つの戦略です。そのような柔軟な対応が可能です。だいたいオプション満期時刻の5分前まで途中決済が可能です。また高収率オプションは途中決済はできません。

【最低取引金額は2,000円】
オプションは低額から取引することができます。OptionFairでは最低25USD、日本円だと2,000円で取引をすることができます。リターン80%のオプションで勝てればですぐ増えることでしょう。また入金ボーナス(後述)があるために、ある程度多めの入金のほうがボーナスが多くなってお得です。ボーナス自体はすぐ出金できませんが取引には使えますので、ボーナスの範囲で取引すれば全くリスクのないままで取引を続けることが可能です。

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

OptionFairの取引システム

OptionFairの取引システムはWeb上(ブラウザ)で取引するものになっています。専用のダウンロードツールはありません。その分パスワードなどを控えていればどこでも取引が可能です。またバイナリーオプションは仕組みが単純なために、へたに複雑なツールを作らないほうがよいということかもしれません。ただし、取引ページはIEだとちょっと重く感じるかもしれません。firefoxなどがある方はそちらを使ったほうがいいでしょう。

取引画面はとってもシンプルで、ログインした後はページ下部の商品一覧からオプションとして取引したい銘柄を選び、ハイロー・ワンタッチ・境界それぞれでインザマネーかアウトザマネーの2択をして、投資金額を設定するだけです。非常に簡単で、はじめてログインした方でも、ほんの数分でやり方はすぐわかるようになっています。

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

OptionFairの日本語サポート

・ 日本語サイト
OptionFairのサイト(https://www.optionfair.com)は、イタリア語、フランス語、スペイン語、アラビア語などに対応しており、もちろん日本語にも対応しています。サイトに直接アクセスすると英語表記かもしれませんので、サイト上部にある言語タブから日本語を選択すれば、日本語表示になります。ただ変換機能を使ったみたいで、ところどころ表記がおかしいところもあります。

・ 取引システム
OptionFairでは自分のパソコンにダウンロードするツールなどはなく、全てWEB上でログインして操作する仕様になっています。そのためサイトがそもそも日本語に対応しているので、システムも日本語になっているのです。

・ 日本人スタッフ
OptionFairにはアジア市場開拓のため日本人スタッフが在籍しています。安心して対応してもらえます。
2,012年夏に、Optionfairは一旦日本市場重視の姿勢を転換しました。そのため日本語対応スタッフがいなくなってしまいました。これは非常に残念なことです。

・ 日本語サポート
OptionFairはアジア市場を開拓しようとしているため、日本の対応にも力をいれています。特に中国語より日本語を優先して対応してくれるあたりが日本市場を重視している証拠でしょう。日本人スタッフがいるので電話やメールサポートあります。そしてライブチャットも取り入れています。

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

OptionFairの入出金制度

【複数の入出金制度】
OptionFairはグローバルな企業であるために、多様な顧客の入出金に対応できるように、様々な入出金の方法があります。銀行だけしか対応していない日本の業者と比較すると雲泥の差です。海外では、金融取引会社へのクレジットカード入出金は一般的ですし、業者によっては電子マネーも幅広く対応しています。OptionFairが対応している入出金方法は、クレジットカード、電子送金、ウェスターンユニオン、リバティリザーブ、マネーグラム、マネーブッカーなどです。電子マネー関連は今後も追加されることがあるかもしれません。

【月2回以上の引き出しは有料】
1ヶ月に1回の引き出しは無料になっていますが、2回目以降になると取引通貨単位で30USD、EUR、GBPの引き出し手数料がかかってしまいます。日本円では約2,500円かかります。このへんは出金が全て無料の日本の業者と箱となっています。

【最低・最大入金額】
最小の入金額はクレジットカードやデビットカード、電信送金、リバティリザーブ、MoneyBookers:取引通貨に応じて250USD、EUR、GBP または 20,000 JPY。最大入金額は一日当たり5,000USD、EUR、GBP。一週間の制限:取引通貨に応じて20,000USD、EUR、GBP。毎月の制限:取引通貨に応じて8万USD、EUR、GBP。

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

OptionFairの注意点

【銀行出金はSWIFTコード必要】
OptionFairは海外業者のため日本の銀行口座へ出金するのが非常に面倒になっています。特にネット銀行やゆうちょ銀行には出金できません。出金にあたってはSwift(スイフト)コード、またはABA番号があるところでないとダメです。SWIFTコードがあるのは菱東京UFJ、みずほ、三井住友などの都市銀行です。これらの銀行口座を持っていないと苦労することになるでしょう。海外業者との入出金はクレジットカードのショッピング枠キャンセルという方法もあるので、クレカ万能なのは間違い有りません。

【月2回以上の引き出しは有料】
1ヶ月に1回の引き出しは無料になっていますが、2回目以降になると取引通貨単位で30USD、EUR、GBPの引き出し手数料がかかってしまいます。日本円では約2,500円かかります。このへんは出金が全て無料の日本の業者との違いとなっています。

【6ヶ月で休眠口座】
OptionFairは6ヶ月ログインしないで放置していると、アカウント休止状態となります。休止になるとメールで通知されるようです。GFT口座を使ったことがある方なら経験があるでしょう。一度でもログインしなおせば休止口座は解除されます。

【高収率オプションは制約が多い】
通常のオプションと比較して数倍のリターンがある高収率オプションですが、これは通常のオプションよりも制約が多くなっています。逆にいえば制約が多いからこそハイリターンのオプションなのです。まずターゲット値が通常より遠くなっています。ワンタッチなら5~10pipsのターゲットが、高収率だと10~30pipsになっています。また締め切りも通常が3~4分前と比較して7~8分前です。途中の権利放棄もできません。またノータッチや境界インオプションはありません。条件が厳しいので扱いは難しいですが、ドル円やユーロドルが大きく動いたここぞという相場の動きの時に狙えば大きな利益を出せるでしょう。

通常と高収率オプションの比較
  通常オプション 高収率オプション
リターン率 70~80% 200~350%
ターゲット値まで 5~10pips 10~30pips
締切時間 3~4分前 7~8分前
途中決済 ×
ノータッチ ×
境界イン ×

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

OptionFairの携帯・モバイル

OptionFairはもちろん携帯・モバイルにも対応しています。しかしグローバル企業であるOptionFairはグローバル基準に対応するために、日本のガラパゴス携帯電話には対応していません。対応しているのはiPhoneやAndroidOS搭載のスマートフォンになります。最近はスマートフォンの普及が著しく、日本の業者も次々スマートフォン専用アプリを出しているので、まだ持ってない人はこの際にスマートフォンに切り替えてみるのもよいでしょう。

肝心のスマートフォンでは、ほとんどPCのブラウザと同じ機能が搭載されています。タッチパネルを使った直感的な操作が可能であり、ほとんどPCを使って操作するのと一緒でしょう。画面が小さくなるため、レイアウトが多少変更されていたり、チャートが同時に見れないなどの弊害はあるものの、十分すぎるほどのトレード出来る環境です。

OptionFairの携帯・モバイル

OptionFairのボーナス・キャッシュバック

海外業者の入金ボーナスの豪華っぷりは健在です

初回入金~499USD、取引入金額の10%のボーナスがoptionFairでの取引き口座に加算されます。
初回入金500~999USD、取引入金額の20%のボーナスがoptionFairでの取引き口座に加算されます。
初回入金額1,000~5,000USD、取引入金額の30%のボーナスがoptionFairでの取引き口座に加算されます。
※ボーナス限度は1500USD

なんと、入金した額の30%もボーナスとしてキャッシュバックしてくれるのです。仮に10万円分の入金をした場合は、3万円ものボーナスです。今の日本のFX・CFD業者では考えられない豪華さです。以前もGMOクリック証券が1,000万円の入金に対して25万円のキャッシュバックを行いましたが、あれが最大でした。その利率は2.5%、一方こちらは30%。桁が違う豪華さです。

もちろんただでボーナスGETというわけにはいきません。ボーナスを受け取る事はできますが、実際に出金するにはボーナス額の40倍の取引が必要になります。例えば1万円のボーナスをもらった場合は40万円の取引が必要です。ただ、ボーナスは出金できないだけであって取引に利用することはできます。ボーナスをもらったら、まずは取引をして、取引が成功すれば取引利益とボーナスを同時にGET!成功しなかった場合でもボーナス分だけの取引に留めておけば全く損をすることはありません。ボーナス以外は出金できますので、もらったボーナス分だけで勝負!をすればノーリスク・ハイリターンです。

>> OptionFairは一時的に日本市場から撤退しています <<

 

Japan promo jan

 

 

OptionFairの詳細データ
会社名 OptionFair
URL https://www.optionfair.com
所在地 英領ヴァージン諸島
連絡先 03-4579-5540 (日本語)
デモ取引 ×
資産管理方法 分別保管
使用システム Webブラウザ
携帯・モバイル対応
日本語サポートについて
日本語サイト
取引システム日本語化
日本人スタッフ ×
日本語メールサポート ×
日本語電話サポート ×
取扱商品について
口座維持手数料 -
取引手数料 -
口座通貨 JPY、USD、EUR、GBP
取扱商品:FX -
取扱商品:CFD -
取扱商品:ハイローBO
取扱商品:ワンタッチBO
取扱商品:境界BO
取扱商品:60セカンドBO -
取扱商品:高収率BO
判定時刻間隔 15分
途中決済
ダブルアップ ×
ロールオーバー ×
最低投資額 2,000円 (高収率は1,000円)
ロスカット そもそもBOは最低損失額が決まっておりロスカット必要なし
口座詳細について
初回入金制限 250USD (20,000JPY)
入出金方法 クレジットカード、
電子送金、
ウェスターンユニオン、
リバティリザーブ、
マネーグラム、
マネーブッカー
入出金手数料 1ヶ月で1回無料
2回目以降は30USD、EUR、GBP、2,500円
両建 -
追証 -
複数口座
円口座
ボーナスについて
ボーナス 初回入金額に応じて、10~30%ボーナス
>> OptionFairの口座開設はコチラから <<

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!