海外バイナリーオプションBinarytiltのサービス内容やトレード環境

Binarytiltのサービス内容


ニュージーランドに本拠地を置くバイナリーオプション専業事業者「BinaryTILT」。設立は2013年と比較的新しいものの、ニュージーランド当局(New Zealand Financial Services Providers' Register)に金融サービスプロバイダーとして登録されている、信頼性の高い事業者です。運営会社はScent Investments Limitedであり、ニュージランド金融サービス免許FSPR番号FSP329926に登録、グローバル・マネー・ローンダリング等防止法を完全に遵守している企業でもあります。預け入れた投資資金はAAA(トリプルエー)評価を受けているオーストラリアの銀行「Commonwealth Bank of Australia 」で分別管理されています。

【Commonwealth Bank of Australia (オーストラリア・コモンウェルス銀行)】
Binarytiltの分別管理先であるコモンウェルス銀行は世界中の顧客に対し総合的な金融サービスを提供するオーストラリアの代表的な金融機関です。20世紀初頭にはオーストラリア連邦政府の市中銀行として設立され、財務省 (The Department of Treasury) の発券業務を担っていたこともあります。その後も1960年代まで中央銀行の機能が漸次、移管されており、まさに中央銀行の役割をこなしてきた国営銀行としての歴史があるのです。1990年代に民営化されましたが、現在でもNABについでオーストラリアで最大級の顧客数、資産を保有しているオーストラリアを代表する銀行なのです。コモンウェルス銀行グループはオーストラリア証券取引所に上場する企業の中では時価総額ベースで最大の金融機関でもあり、モルガン・スタンレー社が提供するインデックスの構成銘柄に含まれています。銀行の格付けはS&PでAA-、ムーディーズでAa2、フィッチでAA-、とこちらも日本の3大メガバンクより上位です。

Binarytiltで提供されている商品の特徴は最短30秒の短期取引が最低取引額1,000円から可能なところです。多くのバイナリーオプション海外事業社が5,000円程度からの最低取引額を設定しているのに比べると手軽に投資にチャレンジできる価格設定となっています。また、数年前からのバイナリーオプション規制により日本国内の会社の商品は投資としての魅力が少し落ちてしまった感があるのですが、海外事業社のバイナリーオプションはまだまだ魅力的な商品を提供してくれています。

【ペイアウト率2倍の商品も】
Binary TILTでも大人気の「スプレッド ハイ/ロー」はペイアウト率がなんと2倍。通常タイプの「ハイ/ロー」でも1.8倍の高い設定となっています。高いペイアウト率と投資しやすい最低取引額の設定は、利益獲得機会を拡大させてくれるだけでなく、リスク管理という視点でも非常に重要なポイントと言えます。 Binary TILTは日本語サポートも充実していますので、バイナリー初心者も安心して気軽に投資することができます。また、豊富な入金手段と迅速な出金対応を整えているところも安心材料です。

【最短30秒の短期取引が最低取引額1,000円から可能】
日本国内の事業社のバイナリーオプションは規制により2時間以上の満期時間が必要となっています。一時期GMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションでは10分刻みの取引ができて大人気になりましたが、その投資機会が失われただけでなく投資資金を効率よく回転させて利益を拡大させることもなかなか難しくなっています。 一方、BinaryTILT社のバイナリーオプション取引は判定時間60秒から1時間のものが主流。十分な投資機会が提供されていることで効率よく利益を得ることが可能です。

【為替だけでなく様々な金融商品が投資対象】
Binary TILTでバイナリーの対象となるのは、通貨だけでなく株式や株式指数、コモディティ、インデックスと合わせて100種類以上の豊富な商品が用意されています。取引形態もシンプルな「ハイ/ロー」だけでなく、「スプレッド ハイ/ロー」「ワンタッチ」など多彩です。通常タイプの「ハイ/ロー」では判定時間が3分から数時間の商品や、30秒や60秒の短期取引の商品が提供されています。ペイアウト率は「ハイ/ロー」が1.7倍〜1.8倍、「スプレッド ハイ/ロー」「ワンタッチ」は2倍です。「スプレッド ハイ/ロー」は設定された一定範囲以上の値動きが必要なハイ/ロー商品で、予想が難しい印象がありますが、2倍のペイアウト率であれば投資効率が高く利益を拡大させやすい魅力的な商品です。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltのトレード方法

【たった1分で取引が開始できる「クイック口座開設」】
Binary TILTの口座アカウントは「名前」「メールアドレス」「電話番号」の登録のみで開設することができます。口座開設の際に「ユーザー名」と「パスワード」を設定します。登録が完了したら、口座開設案内メールが届き、口座に入金することで即取引を開始することができます。Binary TILTでは、デモトレードが提供されていないのですが、最大4回の「リスクフリー取引(収益は手元に残り、損益は発生しない)」が可能ですので、ビギナーも安心して取引することができるのではないでしょうか。

ログインはサイトTOPページの右上に登録した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。ログインボタンをクリックすると「取引画面」が開きます。ここでは「ハイ/ロー」での取引を想定してトレードの流れをご説明します。

①「ハイ/ロー」タブを選択。それ以外に「短時間(30秒や60秒満期)」、「スプレッドハイ/ロー(決められた一定値幅以上の値動きでのハイ/ロー)」、「ワンタッチ」タブがあります。値動きが緩やかな場合は「ハイ/ロー」を、値動きが激しい場合は「スプレッド ハイ/ロー」で高いペイアウトを狙うといった戦略も効果的です。満期時間は商品によって異なりますが、「ハイ/ロー」で15分・1時間・2時間・24時間、「短時間」で30秒・60秒・3分・5分、「スプレッド ハイ/ロー」で15分・30分、「ワンタッチ」で1時間の判定時間の商品が提供されています。

②対象商品を選択。商品全てが表示される「全て」と「通貨」「株式」「コモディティ」「インデックス」と分かれていますが、今回は「ドル/円」で取引したいので、「通貨」を選択して表示された商品の中から「USD/JPY」を選択しました。ペイアウト率は1.8倍(80%)となっています。

③「USD/JPY」の取引画面が表示されたら、「満期時間(判定時間)」と「コール(上)かプット(下)」を選択します。

④今回の商品の場合、投資金額は最低1,000円から最大5,0000円までを選ぶことができます。投資金額はスライダーボタンで1,000円刻みで指定することができます。「5,000円」や「25,000円」、「50,000円」といったまとまった投資金額を選択することができるボタンも配置されています。画面では5,000円を選択しましたので、ペイアウト(予定)額は1.8倍の9,000円となっています。予想通りの値動きであれば満期時に9,000円が払い戻され、そうでなければ投資した5,000円が没収となります。

⑤「今すぐ投資」のボタンをクリックし、後は満期時間を待つことになります。また、満期までの間に決済してしまうこともできます。予想に反した動きを見せた場合に最小限の損失で抑えるリスク管理や、確実な利益確保に戦略的に活用しましょう。例として上げた画面では19:45満期の商品ですが、19:42までであれば途中決済することができます。このように「ハイ/ロー」は、満期時間前に利益確定もしくは権利放棄でポジションを売却することが可能ですが、「短時間(満期時間30秒〜5分)」では途中決済はできません。また、ポジション保有中に投資金額を増額する「ダブルアップ」機能等は実装されていません。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltの日本語サポート

Binarytiltでは日本語サポートが充実しているので安心です。海外ブローカーでバイナリーオプション取引をする際に一番不安なのは言葉の問題でしょう。Binary TILTは日本語対応のサイトはもちろんのこと、電話・メール・チャットで日本人の専門スタッフが対応してくれますので、安心です。サイトは日本語表記され、やり取りも日本語ですので、海外事業社であることを忘れてしまうほどです。電話やメール等の日本語サポートは月曜日から金曜日の平日9:00〜22:00までと、同じような海外バイナリー事業者と比べても手厚い印象です。はじめての海外口座に不安を感じるトレーダーにも安心の投資環境と言えます。また、トレーダー一人一人に担当者がついて投資に関するアドバイスや個別トレーニング等を提供してくれるところも心強いサポートです。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltの入出金制度

海外の会社と取り引きをする際の重要なポイントの一つが「入出金対応」です。実際、ネット上では「出金まで時間がかかった」などのトラブルも散見されます。Binary TILTの場合は、ニュージーランド当局に正式に登記された事業者ですので、その点安心です。入金に関しても、クレジットカードや銀行振込をはじめネッテラー入金など多様な入金手段に対応しています。ほぼリアルタイムに口座残高が反映されるネッテラー入金なら、入金されるまでの空白期間がほとんどないためトレーダーも安心して預け入れすることができるでしょう。

【NETELLER採用企業は信頼性高い】
実は入出金方法のネッテラーを採用には厳しい審査がありますので、審査をクリアしている事業者というのは審査をパスした企業であるのです。その点でもBinaryTILTは信頼できる事業者だということができるでしょう。また、一般的な海外事業社が1週間から数週間程度を要する出金手続きに関しても、ほぼ即日対応(翌日入金)をしています。せっかく投資で利益を上げても出金に時間がかかるようでは不安を感じてしまいますが、Binary TILTであればそのようなこともありません。

入金方法は、トレード画面左の「入金」ボタンをクリックし、入金額を入力して入金方法を選べば完了です。入金方法は「クレジットカード」「銀行送金」「電子マネー」のほか、「ネッテラー入金」も可能です。初回最低入金額は20,000円となっています。 また一部日本の銀行への送金で着金することも可能のようです。この辺はサポートに連絡して確認してみるのもいいでしょう。

出金方法についてですが、ネッテラーによる出金が最も早く1-2営業日で出金処理が完了します。その他、クレジットカードが2-5営業日、銀行送金が3-7営業日となっていて、その他の海外事業社より迅速な出金対応を掲げています。また、実際の出金手続きの際にはこれらの日数よりも早く処理が進むことが多いようです。入金・取り引きの際には必要ないのですが、出金手続きには身分証明書と居住証明書が必要となります。身分証明書は免許証やパスポート等、居住証明書は公共料金の請求書や住民票等です。それぞれを撮影かスキャンしたデジタルデータを送信することで手続きできますので、時間のある時に手続きしておけば出金の際に慌てることがありません。出金時はトレード画面左の「私のアカウント(マイアカウント)」をクリックし、「資金引き出し」タブを選択。引出額を入力して「資金引き出し」ボタンをクリックし、画面上の指示に従って手続きしてください。最低出金額は5,000円。月1回までの出金対応であればクレジットカード・銀行出金・ネッテラーいずれも手数料はかかりません。これも多くの海外事業社は出金手数料を3,000円程度の設定としていますので、かなり優遇された条件です。1回目の出金手続き完了後30日以内に再度出金する場合は手数料として25$が必要となります。出金手続き完了後、処理されるとメールで通知が届きます。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltの注意点

【銀行出金はSWIFTコード必要】
Binarytiltは海外業者のため日本の銀行口座へ出金するのが非常に面倒です。出金にあたってはSwift(スイフト)コード、またはABA番号がある銀行でないとダメです。SWIFTコードがない楽天銀行やイオン銀行は使えません。SWIFTコードがあるのは三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそななどの都市銀行です。これらの銀行口座を持っていないと苦労することになるでしょう。入金に必要な弊社銀行口座詳細は以下の通りです。

金融機関名: Commonwealth Bank of Australia
金融機関所在地:  150 St Georges Tce, Perth WA 6000, Australia
SWIFTコード*:   CTBAAU2S
通貨ごとの口座番号:   米ドル: 06600012141942
英ポンド: 06600012141969
日本円:  06600012141977
ユーロ: 06600012141985
その他の通貨**: 06600012141926 
口座名義:  Scent Investments Limited
照会情報:  お客様のお名前のアカウント参照番号


【最小入金額の制限】
Binarytiltの最小入金額は20.000円(又は250USD)からとなります。

【クレジットカードはVISA、MasterCardだけ】
Binarytiltのクレジットカード対応ブランドの注意点としてはVISA、MasterCardだけになります。他のAmericanExpressやJCB、DCなどには対応していません。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltの携帯・モバイル

最もトレードに適したツールとして表彰されたスマホアプリ
いつでも場所を選ばずトレード可能なスマホアプリは、今となってはトレーダーに不可欠なツールとなっています。もちろん、Binary TILTでもスマホアプリを提供。さらに、このスマホアプリは2014年度の「最もトレードに適したツール」として表彰されたほどのスグレモノです。30秒や60秒などの超短期取引の場合は、ここと思った瞬間にトレードボタンをクリックしてもアプリの動作によっては思わぬレートで約定してしまうことも珍しくありません。Binary TILTの提供するアプリなら、安定したトレード環境が得られます。スマホでのトレードが中心というトレーダーであれば、間違いなくBinary TILTがオススメです。

Binary TILTのスマホアプリは Webサイトでの取り引きと同等かそれ以上に使いやすいツールとなっています。取り引き商品は「ハイ/ロー」のみとスマホ用にカスタマイズされています。webサイトでは「ハイ/ロー」と「短期間」という商品カテゴライズされているものが、スマホアプリでは「ハイ/ロー」と「On Demand」という名称で提供されていて、「スプレッド ハイ/ロー」や「ワンタッチ」などは提供されていません。逆にシンプルで分かりやすくユーザビリティに配慮している商品構成です。取り引き手順はWebサイト上での取り引きと同じです。対象商品を選択し、「コール(上)」「プット(下)」を選択し、投資金額を決めて投資ボタンをタップするだけです。サイトでのトレード画面同様に、「5,000円」「25,000円」「50,000円」の一括選択ボタンも配置されています。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltのボーナス・キャッシュバック

海外業者を利用するのにぜひ活用したいのは「ボーナスプログラム」。時期や条件によって入金額の数10%から場合によっては100%を超えるボーナスが付与される場合もあります。Binary TILTも随時このようなプロモーションを行っていますので、見逃さないようにしましょう。現在行っているボーナスプログラムでは、口座開設後最初の入金額に応じて30%〜100%のボーナスが支給される「ウェルカム・ボーナス」を実施しています。ボーナスは投資機会を増やしてほしいという狙いで支給されるものですので、支給されてすぐに出金するということはできません。アカウント残高の30倍の取り引き量に達するまで引き出しできないという条件がついていますが、Binary TILTの提供するバイナリーオプションは取り引き可能な商品数・回数とも豊富ですので、条件をクリアするのはあっという間でしょう。
また、上記のような条件付きの通常ボーナス以外に、出金制限なしのボーナスも用意されています。条件付きボーナスは上限が3,000ドルですが、条件なしのボーナスは上限1,500ドルまで。口座開設後初回入金の前にどちらかを選ぶことができます。出金制限のないボーナスは、条件アリのボーナスに比較してやや減額されているものの、その存在自体が希少です。一般的な海外ブローカーの場合、条件なしのボーナス付与は行っていません。

ボーナスプログラムと同様に特筆すべきは、口座開設時に用意されている「リスクフリー取引」です。これは一種の損失保険サービスとなっていて、最大で最初の4回の取引800ドル相当が補填される仕組みとなっています。つまり最初の4回までは利益が出れば、その収益は手元に残り、損失が出た場合も損失相当額が口座に返金されるということです。バイナリーオプションの場合は、デモトレードでまずは慣れてからリアルトレードをするようにということが言われたりしますが、リアルトレードに勝るものはありません。そういった意味では、損失を被る危険性のない「リスクフリー取引」はトレーダーにとって最適です。

>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

Binarytiltの詳細データ
会社名 Binarytilt
URL https://www.binarytilt.com/ja-jp/
所在地 228 Queen Street, 4th Floor, Auckland 1010, New Zealand
ライセンス 金融サービス・プロバイダー(FSPR番号:FSP329926)
デモ取引
資産管理方法 分別管理
使用システム WEBブラウザ
携帯・モバイル対応
日本語サポートについて
日本語サイト
取引システム日本語化
日本人スタッフ
日本語メールサポート
日本語電話サポート
取扱商品について
口座維持手数料 無料
取引手数料 無料
口座通貨 USD、JPY、EUR、GBP
取扱商品:FX
取扱商品:CFD
取扱商品:ハイローBO
取扱商品:ワンタッチBO
取扱商品:境界BO -
取扱商品:60セカンドBO
取扱商品:高収率BO -
判定時刻間隔 30秒・60秒・3分・5分・15分・1時間・2時間・24時間、(1時間ごと)
途中決済 随時
ダブルアップ -
ロールオーバー -
最低投資額 20,000円
ロスカット そもそもBOは最低損失額が決まっておりロスカット必要なし
入金について 反映時間 手数料
クレジットカード すぐ反映 無料
銀行送金 約5営業日 銀行手数料
電子マネー すぐ反映 無料
出金について 反映時間 手数料 (月1回は無料)
クレジットカード 2-5営業日 月1回無料、2回目から3000円
銀行送金 3-7営業日 銀行手数料
電子マネー 1-2営業日 無料
出金に必要な書類

政府発行の写真付き有効期限内身分証明書の画像:
パスポート、運転免許証、住基カード、外国人登録証明書等

居住地の住所証明:
3か月以内に発行された公的捺印が押された
口座開設者と同様の名前、
住所が記載された公共料金請求書、
クレジットカード及び携帯電話の請求書住民書等

複数口座
円口座
ボーナスについて
ボーナス 口座開設後最初の入金額に応じて30%~100%のボーナスが支給される「ウェルカム・ボーナス」
>> Binarytiltの口座開設はコチラから <<

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!