TRADE200のトレード内容、トレードシステム

各コンテンツのショートカット

TRADE200のトレード内容、トレードシステム

TRADE200のトレード内容、トレードシステム

【シンプルで分かりやすい取引プラットフォームが大好評】
海外バイナリー業者の取引プラットフォームは日本人になじみが薄いからなのか、分かりにくく直感操作が難しい場合もあるのですが、TRADE200社の取引プラットフォームは「これ、ホントに海外業者なの?」という印象を受けるほど日本人仕様になっています。デザインや色使い、ユーザビリティ、どれをとっても海外バイナリートップクラスでしょう。細かな部分でも、おかしな日本語が混ざっているということもありません。英語圏と日本人向けの営業エリアに絞っていることからも、日本人向けプラットフォームの開発に工夫を凝らしていることが分かると思います。

・それではまず「口座開設」について見ていきましょう。
TRADE200の口座開設は非常にシンプルです。“メールアドレスの入力のみ”で口座開設ができてしまうのです。「口座開設はこちらから」というパネルをクリックすると、口座開設画面が表示されますが、入力が必要なのはメールアドレスのみ。アドレスを登録すると、「パスワード設定の案内メール」が届きます。メールの指示に従ってパスワードを登録すれば口座開設完了です。注意したいのは一部メールアドレスに使用できないものがあるということ。icloud.comやme.com、excite.co.jpは使用できません。筆者もまさに該当してしまったのですが、フリーメールアドレス(筆者の場合はgmail.com)で登録することができました。少し、話がそれますがgmailで登録した場合、その後送信される案内メールが「迷惑メール」と判定されて通常の受信ボックスに配信されませんでした。登録したのに案内メールが届かないというユーザーは「迷惑メールボックス」を確認してみましょう。口座開設が完了すると、入金をするために「名前」「性別」「生年月日」の登録が必要です。ここまで終えれば、後は入金して取引開始となります。

・「RETURN200」と「短期商品」について取引手順を見ていきましょう。
①商品選択ボタンで「RETURN200」「短期商品」「ハイ&ロー」を選択してください。ここでは「RETURN200」を選択しました。
②次に対象銘柄を選択します。「RETURN200」の対象銘柄である4つの通貨ペアが表示されています。今回は「USD/JPY 」を選びました。対象銘柄は商品によって多少異なります。「短期商品」や「ハイ&ロー」であれば対象銘柄は7つの通貨ペアとなります。
③判定時間を選びます。「RETURN200」と「短期商品」であれば、判定時間は「1分間」か「2分間」かを選ぶことができます。
④「HIGH」「LOW」を選んで、投資金額を入力し「購入」ボタンをクリックすれば完了です。「RETURN200」であれば、設定されているレンジ幅以上の値動きでハイローが予想通りであれば200%のペイアウトを獲得できます。「短期商品」の場合は、レンジ幅はありませんが、174%のペイアウトです。相場の動きを見ながら、値動きが大きい場合は「RETURN200」で、値動きが小さい場合は「短期商品」でというように戦略的に商品を使い分けるのがオススメです。

次に「ハイ&ロー」について、表示が異なる部分を中心に簡単に見ていきます。商品選択は「RETURN200」「短期商品」と同様です。商品選択ボタンで「ハイ&ロー」を選択し、対象銘柄を選んでください。判定時間は5分毎に「判定中」×2と「受付中」×2の4つの判定時間が表示されます。規制前の国内BOでよく見たプラットフォームです。購入時間10分間、判定時間10分間の仕様となっています。後は「HIGH」「LOW」を選んで、投資金額を入力し「購入」ボタンをクリックすれば完了。購入時間締め切りの1分前までは「購入取り消し」をすることができますので、予想した方向へ大きく動きすぎてしまった場合等に活用しましょう。 いずれの商品もシンプルな仕様で分かりやすくなっていますが、「ダブルアップ」や「ロールオーバー」などは提供されていません。

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!