ペイアウト率200%が魅力の「RETURN200」を提供する「TRADE200」社

各コンテンツのショートカット

ペイアウト率200%が魅力の「TRADE200」

ペイアウト率200%が魅力の「TRADE200」

高いペイアウト率をウリにする海外バイナリー業者は多いのですが、TRADE200社のバイナリーオプションはその社名が示す通り、200%ものペイアウト率商品を提供しています。提供開始は2015年3月と新しい会社なのですが、魅力的なペイアウト率とシンプルで分かりやすい取引プラットフォームが好評でトレーダーの注目を集めている海外バイナリー事業者なのです。

TRADE200社の取扱商品は大きく分けて3つ。ペイアウト率200%で注目される「RETURN200」と「短期取引」「ハイロー」の3種類となっています。「RETURN200」と「短期取引」はどちらも判定時間が1分もしくは2分のバイナリーオプションですが、ペイアウト率が異なります。「RETURN200」にはレンジ(一定値幅)が設けられていて、それ以上の値動きでハイローを予想するものとなっており、ペイアウト率は200%。一般的な海外バイナリー業者のハイロー商品にあたるのが「短期取引」で、ペイアウト率は1.74倍となっています。また、日本人トレーダーにはなじみ深いのが「ハイロー」。金融庁の規制前のGMOクリック証券の外為OPとよく似た仕様で提供されています。満期時刻が5分毎(判定時刻は販売開始から15分後)にやってくるおなじみのプラットフォームです。対象銘柄はいずれもメジャー通貨の7つの通貨ペアとなっています。これも一般的な海外バイナリー業者と比較すると特徴的な部分です。多くの海外業者が金・銀などの「商品」や「指数」「株式」など多すぎるほどの銘柄を取り揃えているのに対して、通貨のみでしかもメジャー通貨ペアのみのシンプルな銘柄構成は逆に目を引きます。一般的なオプショントレーダーには十分な商品構成で、ビギナーも銘柄選びで迷うこともないでしょう。

会社所在地は西インド諸島のアンギラとなっていて、こちらも多くの海外バイナリー業者が所在地としていますので心配ありません。世界展開についてはサイト上に明記はありませんが、取引プラットフォームが「英語」「日本語」の2種類になっていることから、英語圏での営業と日本向けの営業展開に力を入れていることが分かります。

【200%ペイアウト率】
200%のペイアウト率を誇る「RETURN200」にトレーダーが注目 TRADE200社の提供するバイナリー商品は、やはり社名の由来ともなっている200%のペイアウト率を誇る「RETURN200」に注目が集まっています。

「RETURN200」は上下のレンジ幅(現在は上下0.003)を設けていて、1分後もしくは2分後のハイローを予想する商品です。同様の仕組みの商品を他の海外業者でも取り扱っている例がありますが、それらはレンジ幅が0.005以上に設定されている場合が多く、「RETURN200」のレンジ幅0.003はトレーダーに有利な設定であると言えます。判定時間にレンジ幅以上の値動きでハイローが予想通りであれば200%のペイアウトを受け取ることができます。200%のペイアウト率であれば、50%以上の勝率ならば収益を確保できますので、トレーダーにとっては非常に魅力的な商品です。また、レンジ幅を設けないタイプの「短期取引」商品も提供しています。こちらはペイアウト率は174%。RETURN200の印象が強すぎて、やや低く感じてしまうのですが、それでも一般的な海外バイナリー業者の設定に比較するとトップクラスのペイアウト率です。判定時間は1分と2分の仕様です。

その他、「ハイロー」という名で提供している商品がありますが、こちらは規制前の国内バイナリー業者で提供されていた商品によく似た条件とプラットフォームで提供されています。判定時刻は5分毎に設定され、販売はその15分前〜10分前まで。判定開始時のレートよりも上か下かを予想するものです。判定開始の1分前までは「購入取り消し」も可能です。

いずれの商品も対象銘柄は「通貨」のみ。「USD/JPY 」「EUR/JPY 」「GBP/JPY 」「AUD/JPY 」「EUR/USD 」「GBP/USD 」「AUD/USD」のメジャーな7ペアが対象銘柄となっています。「RETURN200」のみ、「GBP/JPY 」「AUD/JPY」「AUD/USD 」には対応していませんので、注意してください。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!