Optionbitは「60セカンズ」が最低500円から投資可能

各コンテンツのショートカット

Optionbitの取引環境やトレード内容

Optionbitは「60セカンズ」が最低500円から投資可能

【メジャーな「60セカンズ」が最低取引額500円から投資可能】
2時間以上の判定時間が必要となった日本国内のバイナリーオプション。多くのトレーダーは投資機会を求めて海外事業社が提供するバイナリーオプションへと乗り換えていったのですが、そんなトレーダーの中でも最もメジャーな商品が「60セカンズ」と呼ばれる判定時間1分の短期型バイナリーオプションです。もちろんOPTION BIT社でも提供していますが、取引額は500円からと業界最安クラスです。「短期判定時間」の商品が「業界最安クラス」で提供されているということは、少ないリスクでより多くの投資機会が提供されていることに他なりません。バイナリーオプション初心者から上級者まで非常に魅力的な投資環境と言えます。 OPTION BIT社の商品ラインナップは大きく分けて4つ。通常のハイローは「デジタル」という名で提供されていて、この商品は満期時間が15分です。先ほど触れた60セカンズ等の短期取引は「ターボ」という名称で提供されています。「ターボ」は最短30秒の満期時間から、45秒・60秒・2分・5分の短時間満期の商品となっています。また、日本国内事業社では見ることが少なくなった「タッチ」や「レンジ」といった商品も提供されていて、これらは15分毎に満期が設定されています。バイナリーオプションの対象となる銘柄も豊富で、「通貨」だけでなく金・銀をはじめとする「商品」や「指数」「株式」など70を超える対象銘柄を取り揃えています。ペイアウト率は銘柄毎に多少異なりますが、「1.71倍〜」と設定されていますので、こちらも業界トップクラスのペイアウト率となっています。

また、満期時間を待たずに途中決済する機能も備えています。「クローズ・ナウ」と呼ばれるもので、満期時間前に「権利放棄」できる機能です。例えば、相場が意図に反する動きをした場合に損失を拡大しない「リスク管理」や、早めに利益を確定することで確実に収益を確保するなどの活用方法があります。「ロールオーバー」と呼ばれる「満期時間の延長」も可能で、予想した方向に動いているものの、思ったより動きが遅い場合等はこの機能を使って有効期限を延長し、利益を得るチャンスを創出することもできます。

【トレード方法解説】

「シグナル」と「ALGO BIT」を活用してトレード勝率アップを狙う
OPTION BITの口座開設はその他の一般的な海外事業社の口座開設と比べてもスピーディーで、短時間で手続きが完了します。口座開設ではインターネット環境とメールアドレスがあれば手続きすることができます。まずは、OPTION BITの公式ホームページのトップページのメインパネル右の「口座開設はこちらから」に必要事項を入力しましょう。

必要情報は「氏名」「電話番号」「メールアドレス」と「居住国」です。それらを入力し、ログインのためのパスワードを設定して「いますぐ登録」ボタンをクリックしましょう。登録が無事完了すると、登録したメールアドレスに「口座開設完了メール」が届きます。後は指示に従って、入金を済ませればトレードすることができます。OPTION BITは初回入金の後10日以内に「本人確認書類」の提出が義務づけられていますので、注意してください。本人確認書類を提出することで、その後の出金手続き等がスムーズですので早めに提出するようにしましょう。 OPTION BITの実際の取引手順について見ていきます。トレードするにはまずログインしてください。


ログインは公式サイト右上のログインボタンをクリックし、登録時の「メールアドレス」と「パスワード」を入力しましょう。「取引画面」が表示されます。

①まずは商品タイプを選択します。取引画面上部のタグ「デジタル」「ターボ」「タッチ」「レンジ」の中から自分の希望するタイプを選択。「デジタル」は15分毎に満期が設定されているハイロー商品、「ターボ」は30秒〜5分の短時間満期のハイロー、「タッチ」は15分毎の満期時間までに決められた価格に到達するかどうかを予想する商品、「レンジ」は15分毎の満期時間内に決められた値幅にとどまるかどうかを予想する商品です。ここでは「デジタル」を選択しました。

②次に対象銘柄を選択します。OPTION BITでは、メジャーな通貨だけでなく「商品」「指数」「株式」など70種超の対象銘柄が設定されています。今回はドル/円でトレードします。「表示カテゴリータグ」の「通貨」をクリックしましょう。現在取引可能な通貨銘柄と満期時間が一覧で表示されます。「USD/JPY」を選択しました。

③他のバイナリーオプション事業者と大きく異なるのが「通常取引」と「自動取引」が選択できる部分です。「通常取引」は1回毎の取引なので多くのトレーダーにはなじみ深いものだと思います。まず、対象銘柄が満期時間に「上(CALL)」か「下(PUT)」かを選択。「通常取引」か「自動取引」かの選択タグが表示されます。ここで通常取引であれば、投資金額を入力して「トレードボタン」をクリックすれば満期時間を待って、予想通りであればHITとなりペイアウト金額を受け取ります。「自動取引」の場合は、「投資金額」と「回数」を選択できます。「回数(Cotracts)」とは、最初の取引が「勝ち取引」となった場合に、自動的に同じ銘柄・同じ方向で再度投資してくれるというもので、繰り返す回数を指定するものです。バイナリーオプションはレンジ相場の逆張りが基本ですが、この「自動取引」を活用することでトレンド発生時に投資機会を逃さず、収益を拡大させてくれる強力なツールとなるでしょう。

④「ターボ」取引の場合は、さらに強力なツールが用意されています。それは「シグナル機能」。相場の動きを自動的に関知し、投資のチャンスを逃さず、予想の方向とともに相場の動きの強さを示してくれるものです。一覧で表示されますので、より強力なシグナルに従って、予想された方向に投資することで収益機会を逃しません。

次にOPTION BITの最大の特徴であるトレードツール「Algobit(アルゴビット)」での取引手順について見ていきます。取引画面の右下に「ALGO BIT」のリンクボタンが設置されています。

リンクボタンから進むと「ALGO BIT」のログイン画面が表示されますので、サイトのログイン時と同じように「メールアドレス」と「パスワード」を入力すると取引画面に推移します。先ほどご紹介した「シグナル機能」に特化した取引画面となっているのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

トレードシグナルが発生すると、一覧に表示されるとともに「通知音」が鳴りますので投資機会を逃しません。ALGO BITで取引できるのは「デジタル」と「ターボ」カテゴリーの商品ですが、サイト上の取引が最低取引額1,000円に設定されているのに対して、こちらは500円から取引可能です。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!