ソーシャルレンディング現在の運用と利用している業者、投資方針

私がソーシャルレンディングに投資する理由

ソーシャルレンディングとは個人が出資金を業者に出資し、その業者がお金を借りたい相手に融資するという投資方法です。お金を出資すれば償還時に利回り5~10%ほどの利息を得て返ってきます。

メリットと考えている点:
ソーシャルレンディングは高い利回りの他に株式や為替のように投資した商品自体が変動するわけではないので、値段の動きに一喜一憂する必要がありません。株価の暴落や急激な円高といったマーケット要因にも影響されにくい守りの投資といったメリットがあります。一度出資すれば償還までこちらがすることは殆どないため、時間と手間がかかりません。相場の影響を受けないところと手間が少ないところが魅力と考えています。

デメリットと考えている点:
ソーシャルレンディングは事業自体が融資なのか貸金なのか法律的にあいまいなところもあり、まだまだ未発達な業界でリスク要因も多いです。匿名投資組合という仕組み上、投資の相手先を知ることができません。これは法律上知ってしまうと貸金業に抵触するので知ることができない仕様です。この点を改善してほしいといつも思っています。他には行政処分された業者がいたり、不誠実なことをして未償還になってしまった案件を出した業者がいたり、償還の遅延があるなど業者リスクが最近大きくなってきました。多くの案件では担保をとっているとはいえ元本保証はありませんので、万一のときには出資金が満額返ってこないリスクもあります。案件のリスクとしてならまだ受け入れられるものの、業者の不誠実な対応による欠損リスクが非常に困りどころです。

それでもソーシャルレンディングをやる理由:
しかしそういったリスクを踏まえても、私はソーシャルレンディングに投資をしたいと考えています。まずソーシャルレンディングというのは、仮想通貨同様これから成長していく潜在力をもったビジネスであり、業界の発達とともに業者のリスク管理も向上し、リスク要因は減っていくと見ています。また銀行預金金利はマイナス、実質インフレになってお金の価値が減る現代において、高い利回りが魅力的なのも理由の1つです。他には 「この世界の片隅に」 のケースのように、これから新しいビジネスを行う人達への応援といった形でお金を投資できることに、ビジネスに一部で参加できるという充実感、達成感を感じるからです。最大のデメリットである業者リスクに関しては、後述するポイントを注視して選ぶことと、案件・業者を分散することでリスクの軽減を図っています。

ソーシャルレンディングで利用する業者

ソーシャルレンディングは仮想通貨同様、歴史が浅いため問題を起こした業者もいました。2018年のラッキーバンクは身内に融資を行うずさんな行動で処分されましたが、2017年にはみんなのクレジットが出資金を流用して最終的には出資金が返ってこないという事態を起こすなど、業者の選定にも神経を尖らせなければいけません。そんな中、私はいくつかの業者を利用し、業者リスクの分散も図っています。

私がソーシャルレンディング業者を選ぶ基準:
選定の基準は「大きな会社がバックにいる」「会社の規模が業界でも大きい」「業界でも老舗」の3点を重視しています。主にこの条件を満たすような業者をメインとして利用して、資金を多く投入していきます。また業者の分散も意識して複数の業者を利用していっています。

危ない業者に共通する点もわかってきた:
特に「大きな会社がバックにいる」もしくは「大きな組織からの出資を受けている」というのはかなり重要な点であり、これを満たしているところはソーシャルレンディング業界以外でも信頼度が高くなります。逆に危ないのが「設立が浅い」・「資本関係が不明」「独立系」・「社長がやたら若い」「社長が金融畑の出身でない」などがあります。これを満たしていたのが処分されたラッキーバンクやみんなのクレジット、他には仮想通貨業界でも顧客のBTCを使い込んだビットステーションや、NEMの盗難を起こしたコインチェックなども当てはまります。ラッキーバンクやコインチェックは顧客にお金を返したわけですが、そもそも問題が起こらないことがベストなので、なるべく条件に当てはまる業者は避けていくか、少額にとどめていきたいです。

リスキーな案件にも投資をする:
基本的に条件を満たしている業者を選べばかなり貸し倒れに合うリスクなどは減ると考えています。しかし信頼度が高い業者というのは資金も集まりやすくなるため必然的に利回りも低くなりますし、申し込みが集中します。最近では申込みが殺到してまともに出資すること自体できないパターンが増えてきています。それを避けるため、また新しい&面白い投資をする会社へも資金を入れています。

実際に利用しているソーシャルレンディング業者

SBIソーシャルレンディング
金融大手グループSBIのグループ会社。扱う案件が少ないのがネックですが、多くの案件にしっかりと担保を設定し、かつその担保よりもかなり少なめな金額を融資額に設定しています。個人的にソーシャルレンディングの中で一番信頼できると考え、資金も多めに投入しています。

MANEO(マネオ)
業界最大手の登録ユーザー数約4万人の提供会社であり、GMOからの出資も入っています。老舗でもあり信頼性は高いと見ています。事業用や太陽光、不動産などのさまざまな種類の案件が豊富であり、投資先には困りません。逆にリスクの高い案件も多く、見極めが結構難しいです。

Luckybank(ラッキーバンク)
ほとんどの案件が利回り10%という人気業者。申し込み開始時は争奪戦になり、回線が遅いと全然申し込みすらできないほど。全案件に不動産の担保設定をしており安全性は高い印象がありましたが、融資先が自社内のグループ会社ばかりな点を金融庁に指摘され行政処分を喰らいました。若手社長・歴史が浅い・経営が不透明・金融畑の人材が少ないなど、不安な点が多いので最近は比率を下げています。

ownersbook
ラッキーバンクと同じく全案件に不動産担保設定している業者です。ラッキーバンクとは違い金融畑のキャリアをもつ人材が多く、あちらよりは信頼できると判断。ラッキーバンクへの資金を移しています。ただ案件が少ない上に、金額も少ないため、申込みしてもほとんど弾かれて全然出資できません。まず出資競争に勝てない・・・。

クラウドクレジット
業界でも異色のカメルーンやペルー、キプロスなどの新興国や後進国への投資案件を多く持つ業者です。利回りが8~15%と非常に高く、面白いビジネスをやっているため非常に興味を惹かれます。伊藤忠商事が株主であるため資本面でも心配がありません。ただ新興国へ出資ということで必然的にリスクは高いため、少額での出資にとどめています。

同ジャンルのリンク

リアル運用検証カテゴリーへ戻る

管理人の資産運用サイトマップ

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved